ソーダライトムーンストーンペンダントプレゼント
| | |

ソーダライト–ブルー感?

ソーダライトムーンストーンペンダントプレゼント

ソーダライトとは何ですか?

その深く豊かな美しさにもかかわらず、ソーダライトは私たちの多くに馴染みのある石ではありません。 単純な岩からはほど遠い方ソーダ石は、彫像やピラミッドなどの注目すべき建造物での使用で最も人気のある鉱物です。

そのナトリウム含有量にちなんで名付けられたその鉱物学は、それを準長石(ケイ酸塩の骨格からなる鉱物)として指定しています。 石の深い青色の光沢のXNUMXつの特定の利点は、ソーダライトブレスレットやソーダライトを含む豪華で強烈なブルージュエリーのデザインにますます役立ちます。 ネックレス.

ソーダライトの特徴

モース硬度で5.6から6.0の硬度を持つソーダライトは、しばしば交換可能に見られる石であるラピスラズリとしての耐久性を備えています。 XNUMXつの石は同じではありませんが、ラピスラズリには適度な量のソーダライト自体が含まれていることがよくあります。

同様に、白い縞模様の繊細な渦巻きを持つ濃い青は、ラピスラズリ石としての誤解の原因です。

ソーダライトは瞑想の石として広く使用されており、癒しのエネルギーを持ち、思考の明晰さと精神的な成長をもたらすと信じられています。

ソーダライトのエッセンス

石の起源と品質はしばしば相互に関連しています。その色は、その源によって決定され、対応する紫外線への曝露、およびその不純物は、その発祥の地の特徴を表しています。 一例として、カナダ産の石は、鉱山から発掘されたときに紫の色合いを示す傾向があります。

太陽にさらされると、それらの色は自然に明るい灰色の肌に変わります。 東部の他の地域の石は白として生活を始めるかもしれませんが、紫への移行は彼らの本来の太陽への露出の結果です。

ソーダライトの起源

ソーダライトの最大の鉱床は19世紀にカナダで発掘され、最も重要な量はブリティッシュコロンビアで採掘されました。 紺碧の石で有名なもう一つの地域はナミビアです。

今日、米国は、グリーンランド、ノルウェー、ブラジル、および地理的に分散した他のいくつかの採掘現場とともに、大量のソーダライトに責任を負っています。

ソーダライトジュエリーのお手入れ

ゴージャスなブルーのミネラルストーンは繊細な性質を持っているため、夕方に引退するときは柔らかい布に保管するのが最適です。 ソーダライトを柔らかい布で拭くと、光沢が増し、汚れやその他の異物による傷から保護されます。 重要なのは、エレガントな青いショーピースと接触する可能性のあるペンダントやリングなど、他のジュエリーの他の石との相互作用を避けることが最善です。

プレゼント–結果は…

HerMJのソーダライトペンダントネックレスホリデープレゼントは、4人の加入者に独自の美しいソーダライトペンダントネックレスを提供しました。 ボタンをクリックして、プレゼントの結果を確認します。

類似の投稿